シャンプーの界面活性剤と防腐剤の役割

シャンプーの成分のほとんどは、水と界面活性剤で出来ているといっても過言ではありません。

この界面活性剤は、髪には悪いものだと思っている人もいるかと思いますが、界面活性剤は「基剤」といわれ、シャンプーには必要なものなのです。

界面活性剤の本来の役目は、相反する水と油が混ざるようにつなぐ役割を果たすことです。また、頭皮や髪に付着する脂分など汚れを洗浄する効果もあります。

このように、界面活性剤には汚れを泡で包み、水に流す作用を持っていますから、シャンプーには一番重要な成分と言えます。

このため、界面活性剤の種類の良し悪しが、シャンプーの出来不出来を決めると言えるでしょう。

次に、防腐剤ですが、これは身体に悪との印象を持っている人も多いかと思います。しかし、風呂場は高温、多湿になる場所です。このため、防腐剤が入っていないシャンプーだと、腐ってしまうことになります。

特に、天然成分のシャンプーや植物系のシャンプーは腐敗が早いですん゛、この防腐剤が入っている事によって、どんな時でもシャンプーを使用することが出来るのです。

しかし、この防腐剤ですが種類によっては刺激が強いものありますので、優しい防腐剤を使用しているシャンプーを選んで使いたいものです。

ただ、安心な成分を使用しているシャンプーはどうしても価格が高くなってしまいます。

きちんとした商品を作るためには開発、研究に費用がかかりますのでしかたないことですね。

女性の髪のサイクルを整える事に特化した育毛剤「マイナチュレ」(pc版)

女性の髪のサイクルを整える事に特化した育毛剤「マイナチュレ」(スマホ版)