「エイジングケア」に必要な成分と働き

「セラミド」は、元々、角質層の中にあり、細胞と細胞の隙間を埋める細胞間脂質です。これは、肌のバリア機能を助けると共に、高い水分保持機能があるため、乾燥や水分不足によるシワが気になる肌を潤わせてくれます。

「ヒアルロン酸」は、肌表面を乾燥から守る重要な存在で、乾燥による小じわや肌のバリア機能をアップするのに役立ちます。

しかし、体外から取り入れても長くは滞在せず、すぐに排出されてしまいますので、こまめに取り入れると効果的です。

「コラーゲン」は、真皮の約70%を占めており、しなやかさやハリ・弾力性を司るたんぱく質の一種です。

「ビタミンC誘導体」は、抗酸化作用、メラニン生成の抑制作用、コラーゲンを増やす作用があり、エイジングケアに重要な役割を果たします。アスコルビン酸Naやアスコルビン酸Mgが代表的なもので、しわやくすみ予防、毛穴の黒ずみ対策にも役立ちます。

「レチノール」多くのエイジングケア化粧品に使われており、活性酸素を減らしてターンオーバーを促進する効果、コラーゲンの生成、皮脂の過剰分泌を抑える作用を持っているため、くすみやシミ、ハリの低下が気になる肌など肌の老化対策全般に効果的と言えます。

「母の滴」プラセンタシリーズはコチラ