AGAは進行性の男性型脱毛症

AGAは「Androgenetic Alopecia」の略称で男性型脱毛症とも呼ばれています。

成人男性が発症する脱毛症で徐々に薄毛・抜け毛が進行していきます。

まず、おでこの生え際か頭頂部、あるいはその両方の髪の毛が薄くなっていきます。

AGAが発症するのは、さまざま原因がありますが、とりわけ、遺伝による影響も主な原因と考えられており、年齢を重ねるごとにAGAを発症する可能性が高くなり、50代の約40%はAGAを発症しているといわれております。

AGAは進行性の脱毛症ですから、放置すると徐々に薄毛が進行していきます。

額の生え際から後退していくタイプと頭頂部から薄毛になるタイプ、その両方が同時に進行するタイプがあり、それぞれの進行度合いによって9つに分類されます。

額の生え際がやや後退している状態で、自覚することが少なく、他人からも気づかれにくい「I型」から始まって、前髪の生え際がM字型になりはじめる「II型」、生え際のM字がさらに深くなり、髪の毛のボリュームも少なくなる「III型」へと進み、最後は、後頭部の髪の毛も頭頂部に近い部分は薄くなる「Ⅶ型」となります。

AGA治療には医師の診断が必要です。AGAはこれらパターンをもとに、現在どの程度AGAが進んでいるのか、またどのような治療が必要なのかを判断します。

薄毛が気になりはじめた方は、早めに専門医へ相談することをおすすめします。

AGA治療なら「銀座総合美容クリニック」(pc版)

AGA治療なら「銀座総合美容クリニック」(スマホ版)