AGAは進行性の男性型脱毛症

AGAは「Androgenetic Alopecia」の略称で男性型脱毛症とも呼ばれています。

成人男性が発症する脱毛症で徐々に薄毛・抜け毛が進行していきます。

まず、おでこの生え際か頭頂部、あるいはその両方の髪の毛が薄くなっていきます。

AGAが発症するのは、さまざま原因がありますが、とりわけ、遺伝による影響も主な原因と考えられており、年齢を重ねるごとにAGAを発症する可能性が高くなり、50代の約40%はAGAを発症しているといわれております。

AGAは進行性の脱毛症ですから、放置すると徐々に薄毛が進行していきます。

額の生え際から後退していくタイプと頭頂部から薄毛になるタイプ、その両方が同時に進行するタイプがあり、それぞれの進行度合いによって9つに分類されます。

額の生え際がやや後退している状態で、自覚することが少なく、他人からも気づかれにくい「I型」から始まって、前髪の生え際がM字型になりはじめる「II型」、生え際のM字がさらに深くなり、髪の毛のボリュームも少なくなる「III型」へと進み、最後は、後頭部の髪の毛も頭頂部に近い部分は薄くなる「Ⅶ型」となります。

AGA治療には医師の診断が必要です。AGAはこれらパターンをもとに、現在どの程度AGAが進んでいるのか、またどのような治療が必要なのかを判断します。

薄毛が気になりはじめた方は、早めに専門医へ相談することをおすすめします。

AGA治療なら「銀座総合美容クリニック」(pc版)

AGA治療なら「銀座総合美容クリニック」(スマホ版)

シャンプーの界面活性剤と防腐剤の役割

シャンプーの成分のほとんどは、水と界面活性剤で出来ているといっても過言ではありません。

この界面活性剤は、髪には悪いものだと思っている人もいるかと思いますが、界面活性剤は「基剤」といわれ、シャンプーには必要なものなのです。

界面活性剤の本来の役目は、相反する水と油が混ざるようにつなぐ役割を果たすことです。また、頭皮や髪に付着する脂分など汚れを洗浄する効果もあります。

このように、界面活性剤には汚れを泡で包み、水に流す作用を持っていますから、シャンプーには一番重要な成分と言えます。

このため、界面活性剤の種類の良し悪しが、シャンプーの出来不出来を決めると言えるでしょう。

次に、防腐剤ですが、これは身体に悪との印象を持っている人も多いかと思います。しかし、風呂場は高温、多湿になる場所です。このため、防腐剤が入っていないシャンプーだと、腐ってしまうことになります。

特に、天然成分のシャンプーや植物系のシャンプーは腐敗が早いですん゛、この防腐剤が入っている事によって、どんな時でもシャンプーを使用することが出来るのです。

しかし、この防腐剤ですが種類によっては刺激が強いものありますので、優しい防腐剤を使用しているシャンプーを選んで使いたいものです。

ただ、安心な成分を使用しているシャンプーはどうしても価格が高くなってしまいます。

きちんとした商品を作るためには開発、研究に費用がかかりますのでしかたないことですね。

女性の髪のサイクルを整える事に特化した育毛剤「マイナチュレ」(pc版)

女性の髪のサイクルを整える事に特化した育毛剤「マイナチュレ」(スマホ版)

シャンプーに含まれている界面活性剤と防腐剤の役割

シャンプーの成分のほとんどは、水と界面活性剤で出来ているといっても過言ではありません。

この界面活性剤は、髪には悪いものだと思っている人もいるかと思いますが、界面活性剤は「基剤」といわれ、シャンプーには必要なものなのです。

界面活性剤の本来の役目は、相反する水と油が混ざるようにつなぐ役割を果たすことです。また、頭皮や髪に付着する脂分など汚れを洗浄する効果もあります。

このように、界面活性剤には汚れを泡で包み、水に流す作用を持っていますから、シャンプーには一番重要な成分と言えます。

このため、界面活性剤の種類の良し悪しが、シャンプーの出来不出来を決めると言えるでしょう。

次に、防腐剤ですが、これは身体に悪との印象を持っている人も多いかと思います。しかし、風呂場は高温、多湿になる場所です。このため、防腐剤が入っていないシャンプーだと、腐ってしまうことになります。

特に、天然成分のシャンプーや植物系のシャンプーは腐敗が早いですん゛、この防腐剤が入っている事によって、どんな時でもシャンプーを使用することが出来るのです。

しかし、この防腐剤ですが種類によっては刺激が強いものありますので、優しい防腐剤を使用しているシャンプーを選んで使いたいものです。

ただ、安心な成分を使用しているシャンプーはどうしても価格が高くなってしまいます。

きちんとした商品を作るためには開発、研究に費用がかかりますのでしかたないことですね。

頭皮の状態に応じた育毛シャンプー選び

複数の育毛剤を使用する

数年間にわたって同じ育毛剤を使い続けていると、ある時期から突然育毛の効果が薄れてきます。

こうしたことを出来るだけ起きないようにするためには、複数の育毛剤を併用するとともに、使用時期の工夫が必要となります。

抜け毛の進行はゆっくり進むものではなく突然やってきます。一気に抜け毛が増え、また静かな時期が訪れます。そして、しばらくするとまた、突然抜け毛が進行し、やがてまた平穏状態に移行します。

こうした基本サイクルが繰り返されることを通じて、最後には毛髪の多くが失われてしまうのです。

こうしたサイクル的な脱毛傾向が特に強い人は、育毛剤の使用時期に工夫をしてみましょう。

例えば、抜け毛の多い時期には1日2回の塗布を行い、抜け毛が少ない比較的静かな時期には1回にするとか、あるいは、全くく塗布しないようにします。

また、毎日、同じ育毛剤を使うのではなく、2つかできれば3つ、自分に合った育毛剤を併用することで、育毛剤の効果の薄れを軽減させることができます。

薄毛・抜け毛対策なら育毛剤「フィンジア」♪(pc版)

薄毛・抜け毛対策なら育毛剤「フィンジア」(スマホ版)

育毛やはげ・薄毛への対処法

薄毛や抜け毛が気になりだすと、育毛剤に関心が向くようになります。でも、いざ薬局やドラッグストアに行ってみると、あまりの種類の多さに迷ってしまうことでしょう。

このため、育毛を始めるには、まず、育毛剤にどんな成分が入っているのか、それが育毛にどう作用するのかを知っておく必要があります。

また、育毛剤を使うとき、どんなことに注意すればその効果を最大限に引き出せるかを知っているだけでも、成果に違いが手で来るでしょう。

それよりももっと大切なことは、髪が抜けて薄くなっていくという現実をどう受け止めるかでしょう。

年が若い人ほど、はげていることが恥ずかしいと思うでしょう。自分が恥ずかしがっていればいるほど、周囲の人も気を使ってしまいます。

自分がはげに対して堂々としていれば、あるいは、はげに対する悩みを相談すれば、自分だけではなく周囲も気持ちが楽になります。それによって、多少なりともストレスも解消されるでしょう。

薄毛やはげは隠し通せるのではありません。ですから、思い切って口に出してしまった方がいいのです。

数日前には薄毛やはげだったのが、今度会ったときには、かつらをかぶっていると、周囲の人はとまどってしないますし、自分自身も頭に視線を感じて落ち着かないでしょう。

ハゲや薄毛を治したいのであれば、植毛や増毛を少しずつ行って髪を増やしていくとか、それが出来ないのであれば、自分から明るく周囲に打ち明けた方が好奇の目で見られることもないでしょう。

育毛ケアをしても何も改善されない場合、植毛や増毛、高価なかつらを購入する資金もないのであれば、中途半端でいるよりも、思い切って坊主にした方が反対に格好良いかも知れませんね。

「MONOVOヘアトニックグロウジェル」は和漢成分配合のジェルタイプ薬用育毛剤♪(pc版)

「MONOVOヘアトニックグロウジェル」は和漢成分配合のジェルタイプ薬用育毛剤♪(スマホ版)

増毛のタイプと特徴

増毛には大きく分けて2つのタイプがあります。自毛に人工毛や人毛を結びつけるタイプ。人工毛を透明なラインやネット状の素材に装着して、自毛に編みこむタイプ。ですが、自毛が少なく、ボリュームアップを求めている人に向いています。

増毛に使う毛は人工毛と人毛がありますが、最近では、人工毛もかなり人毛に近くなってきており、色や細さだけでなく、ウェーブの具合なども自毛に似せた人工毛が多く使われております。

増やす総本数も自分で決められのが特徴で、自毛に結びつける本数は、増毛する場所や薄毛の状態、自毛の細さによって2~6本を選ぶことが可能です。

増毛を自然に見せたいのであれば2本。ボリュームを増やしたいのなら4~6本程度必要です。

ただし、2本でも6本も、取り付けの作業時間は同じなので、6本のほうが2本に比べて増毛本数は3倍多くなります。

また、結びつける場所は、自毛の根本付近で、結び目はよほど間近で見ないかぎりわかりません。

しかし、髪の毛が伸びていくに従って、結び目も移動していくので、1ヶ月ごとのメンテナンスが必要となります。

増毛は頭髪や頭皮にはほとんど負担がかからず、これまでと変わらない生活をすることが出来るため注目されております。

育毛クリニック「アートネイチャー」(pc版)

育毛クリニック「アートネイチャー」(スマホ版)

育毛剤の2つのタイプ

育毛剤には医薬品と医薬部外品の2つのタイプがありますが、この2つの違いは大きいものがあります。

■医薬品
医薬品は、医療用医薬品と一般用医薬品に分けられており、一般用の医薬品は薬局などで購入できます
。 これに対し、医療用医薬品は、服用の仕方を間違えると強い副作用が起きることがあるため、医師の指示に従って服用することが決められており、医師の処方箋がなければ服用ができません。
一方、一般用医薬品は医療用医薬品どではなが、日常生活に支障をきたすような副作用もみられることから、第一類、第二類、第三類に分類されております。

■医薬部外品
医薬部外品は、有効成分と効果や効能を表記することができます。また、日常生活に支障をきたすような副作用がないのが特徴で、医薬品と化粧品の中間に位置します。
作用も予防などが中心で、比較的に緩やかに効果を発揮していきますので、症状に合ったものを選べば、十分に効果を実感できるものもあります。
このため、副作用が出た場合やあまり強い薬を使いたくない場合は、医薬部外品の育毛剤を選ぶとよいでしょう。

薄毛や抜け毛の悩みに「薬用M-1育毛ローション」(pc版)

薄毛や抜け毛の悩みに「薬用M-1育毛ローション」(スマホ版)

育毛アイテムにはどんなものがある?

育毛アイテムは、抜け毛や薄毛対策に欠かせませんが、それぞれのメリット・デメリットを把握し、頭髪の状態に合致したアイテムを選ぶことが、育毛への第一歩となります。

■内服薬
男性の薄毛を改善するためには、プロペシアが知られています。男性ホルモンの1つであるテストステロンが変換酵素の5αリダクターゼと結合してジヒドロテストステロン(DHT)に変換すると、抜け毛や軟毛化が促進されます。
プロペシアは、この5αリダクターゼの働きを阻害することで、薄毛の進行を遅らせる効果が期待できます。

■外用薬
ミノキシジルは、元々は高血圧を治療するための医薬品ですが、副作用として多毛症が発現するケースがあったことから、薄毛治療にも用いられるようになりました。
ただし、医薬品であるため、一定の副作用が現れる場合があります。

■育毛剤
血行促進を促すセンブリエキス、カルプロニウム塩化物水和物、ミノキシジル。5αリダクターゼの阻害する働きをするフィナステリド、ノコギリヤシ。
毛母細胞が必要する栄養分を頭皮に補給するビタミンB群、アミノ酸。頭皮の炎症の抑制するグリチルリチン酸ジカリウムなどが有名です。

■育毛シャンプー
頭皮環境を整える効果を持ったシャンプーで、直接、育毛を促すものではありませんが、頭皮をきれいにすることで、育毛剤の浸透力をアップさせる効果があります。

■サプリメント
髪に必要な栄養を補給して、健康な毛髪を増やすサポートをします。こうかは間接的なものですが、育毛剤などと併用すれば一定の効果が期待できるでしょう。

発毛・育毛サプリ「SHEEサプリメント」(pc版)

発毛・育毛サプリ「SHEEサプリメント」(スマホ版)

育毛サプリメントで育毛・抜け毛予防

多忙で不規則に食生活を追っている現代人は、食事だけで必要な栄養素を補うことは困難になっております。

こうした、食生活の変化が、今時の若い人の抜け毛や若ハゲを引き起こす原因であるとも言われております。

育毛と抜け毛対策を考えるにあたっては、もし、食事を通じて必要な栄養を摂れないのであれば、サプリメントで補うのが得策です。

最近では、育毛サプリメントも色々と研究されており、これらの商品は、育毛サロンやドラッグストアなどで手に入れることができます。

特に、育毛については、抜け毛の原因が栄養の偏りから起こることもあって、色々な種類の飲む育毛剤が愛用されているようです。

では、人気があり売れている育毛サプリメントであれば、だれでも育毛に成功するかというと、必ずしもそうはなりません。また、中には副作用が出るものもあるので、色々な情報を入手して自分に合ったサプリメントを選んで摂りましょう。

同時に、その育毛サプリメントに含まれている成分にどのような効用があり、自分の頭皮に、どういった作用を起こして発毛を促すのか、自分の育毛法と合致しているのかを、自分で判断しなければなりません。

育毛サプリに含まれている代表的な成分は、体全体の調子を調整するビタミン類、ホルモンを調整してくれる亜鉛、特に、最近人気なのがLリジンや、海外で人気があるノコギリヤシなど、たくさんの種類があります。

その効果については、実際に使用して育毛や抜け毛対策を試みた人の意見が掲載されている口コミサイトを見れば良くわかります。

女性用育毛剤なら「ベルタヘアローション」(pc版)

女性用育毛剤なら「ベルタヘアローション」(スマホ版)