バストに影響するホルモン

ホルモンは体内の情報伝達物質の一つで、代謝を整える、血管を丈夫にする、免疫力をUPせさせるなど重要な役割を果たしており、健康を維持する為に欠かせない物質です。

ホルモンの種類は以上も存在しており、脳下垂体、副腎、すい臓、甲状腺、副甲状腺、消化管、脂肪組織、卵巣など、身体の様々な臓器や内分泌器官から分泌されています。

中でも、バストアップに重要なのは、

■女性ホルモン

女性ホルモンのバランスを整えることは、美肌や美髪、くびれた女性らしいスタイルを保つためにもとても大切な事です。

また、生理前のイライラなどは、ホルモンバランスの乱によって症状が重くなってしまいます。

女性ホルモンは、卵巣で作られ「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類が、月経周期に合わせて変動しながら分泌されます。

エストロゲンは胸のふくらみを育てたり、肌や髪にツヤを与えたり、セクシーな魅力(オーラ・フェロモン)を育ててくれるなど、美容に嬉しい効果をもたらすとともに、骨や血管を丈夫にする働きもあります。

プロゲステロンは、妊娠に備えて体温を上げたり、子宮内膜を受精卵が着床しやすくするようにフカフカにしたり、栄養をため込むようにする働きがあり、どちらも「女性らしい丸みを帯びた体型」をつくるのに欠かせません。

バストアップをするためには最も重要なホルモンで、特にaaカップの人は、女性ホルモンのバランスを整えて適度な脂肪をつける事が大切です。

■アンチエイジングホルモン

「成長ホルモン」と「メラトニン」睡眠時に分泌される2つのホルモンが、 皮膚細胞や各器官、骨や筋肉などの健康維持に役立っています。

古い角質は剥がれ落ち、老廃物は排出されるように代謝され、昼間消費されたエネルギーを燃やすなど、体内の修復・再生という 働きを担っております。

肌のハリやツヤを保つアンチエイジング効果はもちろん、胸に栄養を行き渡らせて豊かにするバストアップ効果も高いホルモンです。

■幸福感を得るホルモン

ドーパミン、セロトニン、ノルアドレナリンの3つがバランス良く分泌されていると、人は幸福感を得られるようになります。

「ドーパミン」はドキドキ・ワクワクなど興奮した時に分泌され、「セロトニン」は興奮状態を押さえてリラックス状態にする作用があり、 「ノルアドレナリン」は緊張した時に分泌され、注意力や集中力UPに役立ちます。

バストアップに直接的な効果はありませんが、女性的な魅力を底上げするのに重要な役割を担っています。

大澤美樹の「バストアップラボ」片手間バストアップ♪(pc版)

大澤美樹の「バストアップラボ」片手間バストアップ♪(スマホ版)