肌のエイジングサインの原因

年齢を重ねるにつれ、肌は薄くなって乾燥しやすく、古い角質が剥がれ落ちにくくなっていきます。

この古い角質が肌に溜まると「くすみ」になり、肌の「ツヤ」がなくなってしまいます。

皮脂腺から、肌に元々備わった油分である皮脂が過剰に分泌されると、毛穴が開き、ブツブツとキメが粗く見えるようになります。

また、年齢を重ねると、構造タンパク質であるコラーゲンの量が減少するため、毛穴はより開きやすくなります。

肌のキメは人により異なります。皮脂分泌は、ホルモンバランスの崩れだけでなく、食生活の乱れも影響するからです。また、オイリー肌や混合肌の人は、毛穴が開きやすい傾向にあります。

加齢や日焼けなどによるシミは美肌の大敵です。シミの元は肌内部に発生し、10年、場合によっては20年近く経過してから肌表面に表れます。

すなわち、10代で浴びた紫外線で生成されたシミが、20代、30代に表れるのです。

ハリの衰え・たるみは、2つの構造タンパク質(コラーゲン、エラスチン)の生成が、加齢に伴って少しずつ衰えていくことにより発生します。

目元や頬の小じわは、乾燥によって肌のしなやかさがなくなり、微笑んだり、笑ったりするなど、筋肉の運動の繰り返しにより刻まれていきます。

また、空気中の汚染物質や強い日差しなどによる環境ダメージも、肌の弾力を保つコラーゲンとエラスチン(弾性線維)にダメージを与え、シワをつくる原因になります。

EMS美顔器の使用頻度は?

EMS美顔器の選び方

EMSとはElectrical Muscle Stimulationの略で「筋肉の電気刺激」の意です。

電気で筋肉(表情筋)をピクピクと動かし、運動させることが出来るため、表情筋の衰えによる「たるみ」や「ほうれい線」の改善に効果が期待できます。

しかし、これ単独では、それ以外の効果は期待できません。

でも、年齢を重ねるとそれ以外の悩みも現れてきますよね。そこで大切なのが、+αの機能です。

このため、最近の美顔器には、一つの機能だけでなく複数の機能を付加したものが多くなっています。

EMS美顔器を選ぶ際は、「たるみ」や「ほうれい線」以外にも、自分が抱えている悩みを考慮して、他にどんな機能が付いているかチェックする必要があります。

■シミ・毛穴にも悩んでいるのであれば、EMS+イオン導入機能が付いている美顔器がオススメです。

なお、使用の際は、ビタミンC誘導体などが配合されている「美白美容液」と併用することを忘れずに。

■乾燥・シワにも悩んでいるのであれば、エレクトロポレーション・高周波機能が付いている美顔器がオススメです。

なお、使用の際は、ヒアルロン酸・コラーゲン・セラミドなどの高保湿成分が配合された美容液を併用しましょう。

オールインワン多機能美顔器「フォトプラス」

プラセンタ療法とは

プラセンタとは、胎児を母体内で育てる臓器である胎盤から有効成分を抽出したものです。

これには、胎児の発育成長に欠かせない活性化物質や高純度の栄養素がたっぷりと含まれており、新しい細胞の増加や新陳代謝の促進など多くの働きをします。

胎盤に含まれている有効成分を、最新の技術で抽出精製したものをプラセンタと言い、経口、塗布、注射などによって体内に取り込むことをプラセンタ療法と言います。

特に、プラセンタ注射は皮膚科の美容治療でもポピュラー治療法で、目的や症状によって異なりますが、一般的に、週1~2回の割合で注射することにより、徐々に効果を実感できるようです。

筋肉からプラセンタを注入すると、臓器を巡り最後に皮膚へと配分されますが、これだと、皮膚への吸収が少ないため、美容目的で使う場合は、顔面の皮膚へ直接注入する方法も行われております。

医療機関では、肝炎や更年期障害の治療薬として用いられておりますが、細胞の新陳代謝を活発にする、自然治癒力を高める作用があることから、健康面だけでなく、美白や美肌など美容治療の分野でも活用されているのです。

植物性プラセンタサプリ「穂のしずく」は女性の健康と美白・美肌をサポート♪

ユーグレナの美容効果

最近では栄養豊富な健康食品として脚光を浴びているユーグレナですが、美容にも良いのです。

便秘解消にとても良いからなのです。それは、ユーグレナの成分の中に、食物繊維よりもっと力強く、不要なものを一緒に体の外に流してくれる成分が含まれているからです。

また、コレステロールなども一緒に流してくれるので、便秘だけでなく肥満解消にも役立ちます。

美容の最大の敵は便秘であることは承知の事実ですが、ユーグレナを摂取することにより、便秘薬を飲むよりも副作用がなく自然に便秘が治り、溜まっていた滞留便もすっきりと排出することが出来ます。そして、溜まった便が出れば、下っ腹もスッキリします。

便秘を解消して外に悪いものが出てしまうと、毒素排出効果で肌の調子も良くなります。だからこそ、ユーグレナが美容に良いと言われているんですね。

ユーグレナを毎日摂取すれば、体にたくさんの食物繊維を取り入れていることになります。更に、十分な栄養成分も入っているので、バランスよく栄養をとることが出来ます。

ミドリムシ(ユーグレナ)サプリで【アンチエイジング】

エステサロンとのトラブルに適用できる法律とは?

エステを利用するにあたって、エステサロンに関する多くの法律を知っておかなければならないということはありません。

しかし、クーリングオフや中途解約の際に、最低限知っておいた方が良い法律があります。

特に、悪質なエステサロンの場合、クーリングオフや中途解約を拒むような場合もありますので、しっかりと主張出来るようにすることが望ましいです。

クーリングオフを起こしたいと感じるのは、契約時にスタッフに押し切られたり、あるいは、相手の話に乗ってつい気持ちが高ぶって、勢いで契約しまったりというケースが多いようです。

クー リングオフが適用できるのは、契約金額が5万円を超えて、1ヶ月を超えた契約期間があるものに限ります。

この制度の適用期間は、契約から8日間以内となっています。代金が全額返金されることと、化粧品等を受け取っている場合は引き取ってもらえるというものです。

損害賠償や違約金が発生することはありません。電話や口頭で解除を申し立てた場合は、適用されないので、しっかりと、書面で通知しましょう。送ったという証明を残す為に、配達記録か簡易書留で送るといいでしょう。

しかし、悪質なエステサロンの場合、損害賠償や違約金の申し立てを行ってくることがあります。相手の口車に乗せられないように気をつけることが必要ですが、自分自身ではどうにもならない場合は消費者センターに相談をしましょう。

中途解約に関しても同じです。エステサロンは法律によって中途解約権という権利が認められていますので、違約金や利用した施術代は支払うことになりますが、それ以外は返金されるので、万が一トラブルの際はこの権利に関して主張しましょう。

契約金額が5万円を超えて契約期間が1ヶ月を超えた契約期間に関して適用されます。

例え契約書の規約に解約不可の記載があったとしても、無効に出来るほどの権利になります。

違約金は上限2万円までとなっているので、相手の思いのままにならないようにしっかりと覚えておきましよょう。

この場合もト ラブルが解決できそうになければ消費者センターに相談をオススメします。


「バイオエステBTB」は【脂肪・セルライト】ケアに特化した痩身専門のエステサロン

オバさん顔にならないために

毎日、鏡の前で肌の手入れやメイクなどで自分の顔を見てチェックしているのに、写真を撮った時、光線の関係で顔に影ができると、「あれ、チョット老けたかな?!!」と、いつもと違う自分の顔に出会うことがあります。

そんな時、もっと早く気付いていたらと後悔してももう遅い!!小さな肌の変化は気づきにくいのです。

特に、年齢が出やすいのが目元です。アイメイクの際に、これまですーとラインを引けたのに、最近はペンシルやチップが引っかかるようになった。

これは、ひょっとして、マブタの弛みが始まっているのかもしれません。

スキンケアはしっかり行っていますか?どうしても曖昧になりがちなので、意識して、水分や油分の補給を丁寧に行うようにしましょう。

また、アイメイクに時間をかけない人は、乾燥が原因でできる、肌表面の細かいちりめんジワは中々気づかないものです。

特に、近視のため普段コンタクトを使っている人は、コンタクトをとって鏡に向かうと、ぼやけて良く見えないものです。

同じシワでも、深く溝になってしまったシワに比べると、表面の乾燥ジワは、たっぷり水分補給するだけでも回復できるものです。

もっと怖いのは、梅干しジワです。日常生活の何気ない時に、ポカーンと口が開いていることはありませんか?

口元をきちっと閉じることが出来なくなるのは、表情筋の一つである口輪筋が衰えているからです。

そうすると、「ほうれい線」が目立つようになりますし、これが、頬の弛みにも繋がります。

それが結果的に梅干しジワの原因になるのです。

エステサロンはこうして選ぼう

30代のスキンケア

若さあふれる20代とは違い、大人の女性として成熟するアラサーともなると、20代には考えもしなかった肌の衰えが、少しずつ表面に現われるようになってきます。

また、生活リズムの変化にともない、ホルモンバランスも大きく変化する時期なので、その影響が徐々に肌に現れはじめます。

また、これまでは全く気にならなかった紫外線や摩擦などの外的な刺激に対しても肌が弱くなり、あらゆる肌のトラブルに見舞われるようになります。

肌のハリやくすみを出来るだけなくするためには、ホルモンバランスをなるべく乱さないよう、規則正しい生活とバランスのとれた栄養を摂取することが、肌のためにも最も重要になります。

これによって、腸内環境が整えられ、免疫力が高まることによって、肌のバリア機能が高まります。

同時に、保湿やUVケア、肌を摩擦

せず、優しく丁寧な洗顔を心がけるなどのスキンケアの基本的をしっかり守りましょう。 合わせて、ビタミンCなどの抗酸化力の高い食品を積極的に補って、体の内側からも肌を守ることが大切です。

「ホワイトニングリフトケアジェル」美白・美肌作り

機能性化粧品の賢い選び方

肌の状態は人それぞれです。他人から勧められるられるままに化粧品を買うのではなく、自分の肌と目的に応じて選ぶことが大切です。

■自分の肌に効果のある機能性化粧品を選びましょう

最近、話題にされている機能性化粧品は、美白・アンチエイジンクなど、特定の効能が得られる化粧品として人気があります。

シミやシワを防いでくれる、若さを維持できると聞けば、すぐにでも使いたくなるものですが、ここで一呼吸おいて、自分の肌にとって、本当に必要なものかどうかを考えましょう。必要でない化粧品を使って、マイナス効果になる例も少なくないようです。

例えば、20代の人が、40代から使い始めるようなアンチエイジングの乳液やクリームを使ったとしてもしかたありません。

それよりも、保湿効果のある化粧水な どをたっぷり使用するほうが、美しい肌を維持できます。

このように、機能性化粧品は、「自分の肌に何が必要なのか」ということをしっかり考えて、目的意識を持って最適なものを選ぶことが大切です。

■実際に使ってみて、その効果をしっかり確認しよう

美白化粧品といっても、使われている美白成分はそれぞれ違い、メラニンを抑制する、できたシミを薄くするなど、その効果も少しずつ違います。

また、同じ美白化粧品を選ぶにしても、オイリーに傾きがちな肌の人と、乾燥しやすい肌の人とでは、選択条件が違ってきますし、同じメーカーの化粧品を使っても、効果のあらわれ方は人によって違います。

機能性化粧品を購入するときは、必要な効果が期待できる、自分の肌質に合った製品を選ぶように心がけ、使用感や効果をしっかり確認しましょう。

メディプラスゲルは【敏感肌専用】のオールインワンゲルです。

薄毛・抜け毛対策方法の種類と違い

薄毛・抜け毛対策方法や治療方法には、発毛、育毛、増毛、植毛の4つがありますが、この方法の違いをちゃんと理解している人は以外と少ないのではないでしょうか。

同じような内容を含むものもありますが、それぞれ違う対策や方法なんです。また、それぞれの方法にはメリットとデメリットがあり、ハゲの種類によって向き不向きもあります。

このため、自分の頭髪状況に合う方法を選択しなければ、せっかくの努力も無駄になる可能性もあるので、しっかり把握して自分に合った方法を選ぶ必要があります。

■発毛とは
発毛とは頭皮を改善し新しい髪の毛を増やすこと。 生えなくなった毛穴から新しい髪の毛を「発毛」させる。

■育毛とは
育毛とは現存している髪の毛を育てること。生えている髪を太く長く成長させ、抜け落ちないよう毛根を丈夫にする。このため、生えていない場合は育毛は出来ない。

■増毛とは
増毛とは1本の自毛に複数の人工毛髪を結びつけたり、人工毛髪を結着させた細い糸を自毛の中に紛れ込ませたりして、人工的に髪を増やすことです。1本の髪の毛に5~6本の毛を括り付けるので、括り付けられた自前の髪に負担をかけることになります。

■植毛とは
植毛とは頭皮の毛穴に人毛(自分の髪の毛を含む)、または人工毛を人工的に植えつけることです。化膿したり、拒否反応を示す場合あるが、現在最も確実性のある薄毛解消方法と言われており、自毛植毛は男性型脱毛症診療ガイドラインでも推奨されております。

銀クリAGA.com【薄毛や抜け毛】にお悩みの方はお気軽に無料相談を!!

「エイジングケア」に必要な成分と働き

「セラミド」は、元々、角質層の中にあり、細胞と細胞の隙間を埋める細胞間脂質です。これは、肌のバリア機能を助けると共に、高い水分保持機能があるため、乾燥や水分不足によるシワが気になる肌を潤わせてくれます。

「ヒアルロン酸」は、肌表面を乾燥から守る重要な存在で、乾燥による小じわや肌のバリア機能をアップするのに役立ちます。

しかし、体外から取り入れても長くは滞在せず、すぐに排出されてしまいますので、こまめに取り入れると効果的です。

「コラーゲン」は、真皮の約70%を占めており、しなやかさやハリ・弾力性を司るたんぱく質の一種です。

「ビタミンC誘導体」は、抗酸化作用、メラニン生成の抑制作用、コラーゲンを増やす作用があり、エイジングケアに重要な役割を果たします。アスコルビン酸Naやアスコルビン酸Mgが代表的なもので、しわやくすみ予防、毛穴の黒ずみ対策にも役立ちます。

「レチノール」多くのエイジングケア化粧品に使われており、活性酸素を減らしてターンオーバーを促進する効果、コラーゲンの生成、皮脂の過剰分泌を抑える作用を持っているため、くすみやシミ、ハリの低下が気になる肌など肌の老化対策全般に効果的と言えます。

「母の滴」プラセンタシリーズはコチラ