プラセンタ療法とは

プラセンタとは、胎児を母体内で育てる臓器である胎盤から有効成分を抽出したものです。

これには、胎児の発育成長に欠かせない活性化物質や高純度の栄養素がたっぷりと含まれており、新しい細胞の増加や新陳代謝の促進など多くの働きをします。

胎盤に含まれている有効成分を、最新の技術で抽出精製したものをプラセンタと言い、経口、塗布、注射などによって体内に取り込むことをプラセンタ療法と言います。

特に、プラセンタ注射は皮膚科の美容治療でもポピュラー治療法で、目的や症状によって異なりますが、一般的に、週1~2回の割合で注射することにより、徐々に効果を実感できるようです。

筋肉からプラセンタを注入すると、臓器を巡り最後に皮膚へと配分されますが、これだと、皮膚への吸収が少ないため、美容目的で使う場合は、顔面の皮膚へ直接注入する方法も行われております。

医療機関では、肝炎や更年期障害の治療薬として用いられておりますが、細胞の新陳代謝を活発にする、自然治癒力を高める作用があることから、健康面だけでなく、美白や美肌など美容治療の分野でも活用されているのです。

植物性プラセンタサプリ「穂のしずく」は女性の健康と美白・美肌をサポート♪