増毛のタイプと特徴

増毛には大きく分けて2つのタイプがあります。自毛に人工毛や人毛を結びつけるタイプ。人工毛を透明なラインやネット状の素材に装着して、自毛に編みこむタイプ。ですが、自毛が少なく、ボリュームアップを求めている人に向いています。

増毛に使う毛は人工毛と人毛がありますが、最近では、人工毛もかなり人毛に近くなってきており、色や細さだけでなく、ウェーブの具合なども自毛に似せた人工毛が多く使われております。

増やす総本数も自分で決められのが特徴で、自毛に結びつける本数は、増毛する場所や薄毛の状態、自毛の細さによって2~6本を選ぶことが可能です。

増毛を自然に見せたいのであれば2本。ボリュームを増やしたいのなら4~6本程度必要です。

ただし、2本でも6本も、取り付けの作業時間は同じなので、6本のほうが2本に比べて増毛本数は3倍多くなります。

また、結びつける場所は、自毛の根本付近で、結び目はよほど間近で見ないかぎりわかりません。

しかし、髪の毛が伸びていくに従って、結び目も移動していくので、1ヶ月ごとのメンテナンスが必要となります。

増毛は頭髪や頭皮にはほとんど負担がかからず、これまでと変わらない生活をすることが出来るため注目されております。

育毛クリニック「アートネイチャー」