思春期ニキビとは

思春期ニキビは9~18歳の年頃に、子供の体から大人の体へと変わる「第二次性徴」によるホルモンバランスの変化によってできるニキビで、誰しも少なからずできてしまうものです。

男の子であれば、アンドロゲンと呼ばれる「男性ホルモンが、女の子であれば黄体ホルモンと呼ばれる「女性ホルモン」が、ニキビの原因となる皮脂の量を増やし、増え過ぎた過剰な皮脂をエサにアクネ菌が増殖して毛穴が詰まりやすくなるなどの理由で ニキビが増えてしまうのです。

思春期ニキビの大半は、年齢と共に体が大人に近づき、ホルモンバランスが安定してくると多くの場合自然に治まります。

余り気にし過ぎるとイライラしてしまいストレスが溜まってしまうので、気にしすぎることのないよう、リラックスした楽しい気持ちで過ごすことが大切です。

特に、思春期の頃には年齢的に変則的な生活をしてしまいがちです。ファーストフードやコンビニでの買い食いによる偏食、テスト前に夜遅くまで勉強する、部活などで毎日忙しい時間を迫られるなど、生活のリズム等の乱れやストレスもニキビの原因になってしまいますので、規則正しい生活を心がけましょう。

ジュエルレインで【背中ニキビ】の無い綺麗な背中を!!