どうせやるなら全身脱毛

気になる部位を一つ一つ脱毛するのはメンドクサイ、毛深いのが悩みの種、夏が近づくと憂鬱になる。そんな方にとっては、どうせ脱毛するなら全身脱毛がお勧めですよ。

特に、毛深い人にとってムダ毛処理は大変です。薄着をする季節になると毛を剃るだけで30分もかかってしまう。ましてや、全身をするとなると気が遠くなる。それに、カミソリが直ぐに使えなくなってしまうし・・・・・、とムダ毛の自己処理の苦労は絶えることはありません。

毛深い人は、ムダ毛の量が多く、しかも、毛が太くョりしなければならない部位が多いのが特徴です。

ワキは当然のこと、ヒザ下やヒジ下は当たり前。手の甲や指、背中、うなじ、そして水着のためには、ビキニラインも外せません。

こんなに多くの部位を自分でやるのはイヤだから、脱毛サロンで個別に脱毛するとなると、どれくらいお金が掛かるか、予想するだけでも恐ろしくなりませんか?しかも、1回でムダ毛がゼロになるわけではありませんから。

そこで利用したのいのが、大抵の脱毛サロンで行っているキャンペーンを上手く使った全身脱毛です。

最近の脱毛サロンで行っている全身脱毛プランは、月に1万円前後の料金を支払う月額制システムを取り入れているところが殆どで、しかも、初月無料キャンペーンを実施しておりますので、これを利用しない手はありません。

大小の部位全てひっくるめた全身脱毛が、毎月の美容院代くらいの金額で出来るだけでなく、大金を一度に支払う必要がないので手軽です。

その時には、全身脱毛プランに中に、顔脱毛が含まれている脱毛サロンを選びましょう。

全身脱毛プランと言っても脱毛サロンによっては、脱毛範囲が違い、顔やVIO(デリケートゾーン)の脱毛が含まれていない脱毛サロンだってあるからです。このため、全身脱毛でも、脱毛範囲をきちんと確認することが大事なのです。

コレで全身脱毛(pc版)

コレで全身脱毛(スマホ版)

脱毛クリニックと脱毛サロンは、どっちが痛い!?

脱毛とは、そもそも身体に生えている毛を強制的に抜く、焼く、剃るなどの人工的方法で処理するわけですから、当然、それはそれなりの痛みは伴います。

しかし、痛みの強弱は、受ける施術方法によってかなりの違いがあります。

脱毛クリニックにおいては、パワーの強い医療用レーザー機器による脱毛が主流となってきており、従来の電気脱毛法はかなり少なくなってきています。

また、脱毛サロンでも、電気脱毛よりも光脱毛が主流となってきています。

施術時の痛さ程度の程度については、最も痛いのが、針を使用する電気脱毛法、次に、脱毛クリニックなどの医療施設で行われるレーザー脱毛法、そして、痛みが一番少ないのが、脱毛サロンなどで行われる光脱毛法です。

このため、痛いのは嫌だという人は、効果は薄いが、少しずつ脱毛していける脱毛サロンの方がおすすめかもしれません。

何しろ出力が弱いため、軽く輪ゴムで弾かれた程度の痛みしか感じません。

また、施術後はローションなどで患部をしっかりとクールダウンしてくれますし、保湿などもきちんとしてくれますので、お肌をいたわりながら脱毛したいという人は脱毛サロンがオススメです。

また、価格についても、脱毛クリニックと比較すると、かなりリーズナブルなのも脱毛サロンの大きな魅力でもあります。

オススメの優良脱毛サロンはコチラ(pc版)

オススメの優良脱毛サロンはコチラ(スマホ版)

「くすみ」の原因とケア

シミやシワと違って、「くすみ」のトラブルは自覚しにくいため、そのまま放置しがちです。

でも、明るさやツヤが失われてくすんだ肌は、「疲れている」「顔色が悪い」という印象を人に与えるため、実年齢よりも老け込んだように見えます。

血色が良く「くすみ」のない肌は、肌の下に流れる毛細血管の血液の色が透けて、ほんのり赤みを帯びています。

逆に、血行が悪ければ青白かったり、くすんで見えたりしてしまいます。

また、血行不良によって血液やリンパの流れが滞ると、体中の細胞に十分な酸素や栄養素を届けることができなくなります。

そうなると、肌のターンオーバーが遅くなり、28日ではがれ落ちていくはずの死んだ角質細胞が肌に居座り続けてしまいます。

この古くなった角質細胞はメラニンを含んで黒っぽい色をしているため、肌をくすんでみせる原因となります。

また、ターンオーバーの乱れは、くすみ以外にもシミやシワなどあらゆる肌トラブルを引き起こします。

血行不良は肌にとって大敵です。

血行不良で角質肥厚になった肌は、どんなに優れたコスメを使っても、肌の奥まで成分が行き届かないため効果が十分に発揮できません。

血行不良を解消するためには、顔のコリをほぐし、リンパの流れをスムーズにするマッサージがおすすめです。

目の下、小鼻の横、頬骨の下、耳前などが効果的です。どこがツポ?と難しく考えなくても大丈夫です。押して気持ちいいと感じるところは、だいたい合っています。

「エイジングケア」コスメで若々しく・キレイに♪(pc版)

「エイジングケア」コスメでも若々しく・キレイに♪(スマホ版)

プラセンタの美容効果

プラセンタには非常に高い美容効果があるため、近年は、プラセンタ注射や、ドリンク、サプリメントで積極的に摂る人が増えています。

■美肌効果

表皮の内側の真皮の成分であるコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンを生成します。真皮のダメージを修復することは通常ではなかなか困難です。

このため、シワやニキビ跡などは一度出来てしまうと厄介なものですが、プラセンタは、表皮の内側の真皮の成分であるコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンを生成して、肌の表面の表皮のターンオーバーを促進します。

これによって、しみ、くすみ、にきび、シワ、肌荒れ、乾燥、にきび跡、毛穴の開き、たるみなどの肌トラブルを解消することができます。

また、肌のキメを整えて、美白し、透明感、弾力、ツヤ、ハリのある肌を作ります。

■髪への効果

男性ホルモンの過剰な分泌を抑えたり、頭皮を改善することで、抜け毛を予防し育毛効果を発揮して綺麗な髪を作ります。

■バストアップ

女性ホルモンの一つエストロゲンの不足を解消することで、バストアップにもつながります。

■痩身効果

血行の促進や、基礎代謝の向上により、痩身にも効果を期待できます。

馬プラセンタならコレ(pc版)

馬プラセンタならコレ(スマホ版)

レーザー脱毛は、痛いの?

レーザー脱毛というのは、レーザーを照射して、そのエネルギーを毛根のメラニンに吸収させることにより、毛根を高温し、毛の再生工場である幹細胞(毛根に接触している)を熱変性させることを通じて、永続的に毛を生えてこなくさせようとするものです。

レーザーを肌に直接照射するため、当然、痛みが伴います。しかも、照射の出力が高ければ、高いほど、その痛みは強くなります。しかし救いなのは、それでも我慢できない程の痛みではありません。

逆に言うと、痛みを感じないような照射では永久脱毛はます期待できません。痛みがあるのは、効いている証拠と考えれば、多少の痛みは我慢もできるというものです。

なお、レーザー照射後の注意点としては、紫外線対策が特に重要です。このため、外出時は日焼け止めクリーム(UVカット)を使用すると良いでしょう。また、医療機関などて治療を受けると、必ず、照射後に塗る炎症対策の塗り薬(ステロイド)を渡されますので、医師の指導の下に塗布し肌のケアをしましょう。

脱毛サロンの内側

エステサロンで女性の美を実現するためには

近年、女性の美に対する関心の高まりから、エステサロンは有名芸能人によるテレビCMだけでなく、新聞のチラシや雑誌の広告などにも掲載されており、身近な存在となっております。また、女性に限らず男性の利用者も増え、中には、男性専用のエステサロンも登場しております。

エステサロンのエステとは、エステティックの略称で、美学、審美眼という意味があるように、美顔術、痩身法、アンチエイジング、ヘアメイクを含めた、美容力の向上を目指しております。

それを実現するため、プロならではの美容専門技術や知識を使って、女性が持っている美に対するコンプレックス、ネガティブな感情、悩み、不安を、自信に変える手伝をしてくれるのが、エステティシャンなのです。

エステサロンには様々なタイプがあり、それに応じて、特色や受けられる施術の内容も変わってきます。

近年では健康ブームも手伝って、美容だけでなく健康や体質改善など、体の内面からの美しさを目指した施術を行うサロンも多くなっており、身近で利用しやすい存在となっております。

その反面、施術の種類やサロンの数が増えたことにより、自分に合ったサロンや施術を選ぶことが難しくなっている傾向があります。

また、料金やサービス内容、施術に対する保証、勧誘の有無などについても、サロンによって内容や規定が異なっていることも、サロンを選びの難しさに拍車をかけております。

このため、複数のサロンを比較するにあたっては、施術の内容だけでなく、期間、保証や勧誘などあらゆる面をしっかりと把握したうえで検討しなくてはなりません。

料金の安さにつられて安易に選んでしまうと、サービスが悪い、対応が悪い、追加料金を請求されたなど、思わぬトラブルに巻き込まれかねません。

また、施術は美容だけでなく健康にも大きく影響を与えるため、信頼のおけるサロンか否かも非常に重要なポイントとなります。

サロンに対する正しい知識を持ち、賢く利用することによって、更なるトータルビューティーを目指しましょう。

脂肪吸引とダイエットの違い

エステとクリニックは、どこが違うの

エステサロンと美容整形は似たような特徴がありますが、決定的に違う点が1つだけあります。エステは非医療機関で美容整形は医療機関であるという点です。

エステサロンでも美容整形・美容皮膚科・美容クリニックでも似たような施術を行っております。しかし、エステサロンは医療行為は認められないので、使う機器やピーリング剤などが違ってきます。

エステサロンは美しさをを維持する為のリラクゼーションの意味合いが強いものです。エステはリラク ゼーションで美容整形に関する医療機関は治療を捉えておけば良いでしょう。

実際にどちらを選べばよいのか迷ってしまうのは脱毛です。脱毛はエステサロンで行っているところもあれば、美容整形での脱毛もあります。

エステサロンで脱毛する時は電気やフラッシュライトを利用しての脱毛になります。一方、美容整形においての脱毛は医療レーザーや医療電気を使った脱毛になります。

その為、エステサロンで永久脱毛と謳っていても、レーザーほどの威力がないということになります。

また、美容整形においての脱毛を行った場合、万が一お肌に トラブルがあれば、医薬品を使用しての治療をすぐに行ってもらえます。

エステの技術は日々進歩しています。技術の高いエステティシャンも沢山いるので、リラクゼーションを目的とし、尚且つ美容を保ちたい方はこちらを選ぶと良いでしょう。

治療をしたいのか、美容を保ち続けたいのかで選び方も変わって きます。自分自身にとってどちらがベストなのかで選びましょう。

エステサロンはこうして選ぼう

シミの原因とケア

女性にとって美白したい気持ちは、いくつになっても同じです。 いつも愛される、透明感のある美しい肌になりたいですよね。

シミには種類があり、日焼けによるシミ、また加齢によるものや摩擦による刺激でできるものなどがあります。

シミを増やさないようにしつつ薄くするためには、新しい肌に生まれ変わるよう代謝を促進するケアが必要です。メラニンの生成を押さえるビタミンC、 肌の血行を良くしてシミの緩和を助けるビタミンE、表皮の代謝を促進するLシステインなどが配合されたサプリメントで体の中からケアします。

毎日の正しいクレンジングと、古くなった角質を取り除いて、肌の再生を促します。それから化粧品で美白ケアをします。

肌に余分なものが残った状態では、いくら美白コスメを使っても肌の中まで浸透しません。代謝がうまくいかないと、新しい肌も生まれ変わりません。

今日生まれた肌が、表面まで上がってくるには約1か月半かかりますので、根気よく身体の内外からケアをします。 シミをつくらないためには、日焼け止めをかかさないことです。

エイジングケアを始める時期と方法は?

乾燥肌と敏感肌のケア

乾燥肌や敏感肌のケアで特に注意すべきことは、皮膚(肌)を清潔に保つことと、保湿をしっかり行うことにつきます。このため、入浴、冬場の乾燥、過労やストレス、食事などが大切になってきます。

皮膚の表面を清潔に保つのは、スキンケアの基本です。もし、皮膚の汚れや汗をそのまま放置しておくと、皮膚に存在する細菌である皮膚常在菌や紫外線などによって刺激物に変化してしまいますので、入浴によって、これを出来るだけ早く洗い落とすことによって、かゆみや乾燥肌にならないようにすることができます。

洗浄剤はお肌にやさしく、うるおうタイプを選ぶことが大切ですが、いくら良い洗浄剤を使っても、ナイロンタオルやボディブラシでゴシゴシ擦ったのでは意味がありません。

洗浄剤をスポンジにとって十分泡立て、その泡を手にとって手で洗いましょう。タオルやスポンジは、やわらかい素材のものを選び、軽くもみ込むようにし泡立ててから洗います。

皮膚は外気の影響を受けやすいのですが、特に、冬の乾燥する季節は、カサカサの状態になりますので、この時期のスキンケアは大切です。室内では、加湿器などを使った保湿を心がけましょう。

過労やストレスは自律神経を不安定にし、血行の悪化や腸の働きを低下させ、肌のトラブルを招きやすくなります。

また、ホルモンのバランスが崩れて新陳代謝が悪くなってターンオーバーも影響します。休日はゆっくりと休み、ストレスを発散して乾燥肌を予防しましょう。

乾燥でカサカサした場合は、発汗を促すため、少し辛いものや温かいものを食べましょう。そうすると、肌の新陳代謝が良くなります。

プラセンタでシミ・そばかすを治す

レーザー治療の特徴

レーザーの光は太陽や電気から出る光と元々は同じものです。

光は生体を構成する蛋白や水に吸収されて熱エネルギーに変わったり、化学反応を起こしたりします。

特に、皮膚ではメラニンやヘモグロビンといった色の素に吸収され熱に変換されますが、この光と生体の反応を利用しているのがレーザーです。

物質には、それぞれ吸収しやすい光の波長・吸収しにくい光の波長があるため、目的に合った波長の光だけを切り取ることで、他の組織に影響を与えることなく効率的に変換された熱で組織を破壊することができます。

この特定の波長を切り取って、しかも組織破壊を起こすくらいに増幅させた光を当てるのがレーザー治療です。

しかし、ただレーザーを当てるだけでは、その熱エネルギーが関係ない周りの組織に広がって、周囲の組織も傷つけてしまいます。

このため、熱が周囲の組織に広がるよりも早くレーザーの照射を終える必要があります。

例えば、シミ取りに使われる「Qスイッチルビーレーザー」は、照射時間が40ナノ秒以下に設計されているため、安全にレーザー照射ができるのです。

ただし、レーザー治療は比較的皮膚に負担をかけるため、治療後に赤味がでたり色素沈着がでたりする場合もあります。

また、日頃から日焼けをしないよう紫外線対策をするとともに、施術後も紫外線対策を怠らないようにしましょう。

肝斑はレーザー照射によって悪化するため、肝斑治療を事前に行っておくことが大切です。治療後に赤味がでたり色素沈着がでたりする場合もあります。

照射回数は、一般的なシミの場合は1~2回、あざの場合は2~5回程度で、所要時間は、受付や施術後の説明などを含めて30分程度で済みます。

施術後は1~2週間のダウンタイムがあります。

レーザー治療を行う美容皮膚科クリニックはコチラ(pc版)

レーザー治療を行う美容皮膚科クリニックはコチラ(スマホ版)